品質方針

品質管理システム

杉田製線は全製品に対して、品質マネジメントシステム規格として、1999年にQS-9000、及びISO 9001の認証を取得しました。

2005年度にQS9000を、自動車業界で要求される更に高度なシステムであるISO/TS16949:2002に移行し認証取得。同時に、ISO 9001:2000の認証も継続取得しています。 杉田は従来からオリジナリテイーに富んだ工程設計や厳格な品質管理を世界共通の規格であるISO/TS16949、ISO 9001の上にインストールした《杉田独自の品質システム》を構築しました。 この品質システムと、ITをツールに新しく構築した生産管理等の社内システムとの融合は今後も杉田のポテンシャルとフレキシビリテイーを無限大に広げてゆきます。

1999年:オイルテンパー線QS-9000/ISO9002:1994およびISO9002:1994

2000年:全製品認証取得

2002年:QS-9000/ISO9001:1998およびISO9001:2000に更新

2005年:品質マネージメントシステムISO/TS16949 認証取得